鬱病を治療するためには│症状について知っておくことが大事

治療でしてはいけない

ドクター

鬱病の症状を治療するためには、薬を服用した治療を行ないます。それ以外には休養を取って身体と精神を休ませることが重要です。薬の効果で症状を和らげることができても、精神と身体の疲労が残っている状態では完治することはできません。ですから、薬を飲んでいるから仕事をしてもいいという訳ではないので注意してください。働いている人は、完治するまでは長期間の休みを取ってその間は治療に専念する必要があります。基本的には自宅での療養で問題ありません。病院で入院するとなると、慣れない所で生活することに不安やストレスを感じるようになってしまうでしょう。それでは入院しても意味がないので、できるだけ自宅で休むようにしてください。中には自宅ではなく精神科医で入院する人もいます。家にいると仕事が気になってしまい罪悪感を抱いたり、家族に気を使わせていることを気にしたりするでしょう。様々なことを気にしてしまうと、鬱病の症状は一向に改善することはありません。自宅が落ち着かないという人は、医師に相談して入院するようにしてください。

家族で鬱病を発症した人がいる場合は、家族の支えが必要になります。ですが、発症している人に行なってはいけないことがあるので、事前に調べるようにしましょう。病気で苦しんでいると、病気に負けないように励ましてしまう人がいます。心配して言った言葉ですが、鬱病の症状ではその言葉がマイナスになってしまうのです。病気を発症している間は、早く治そうと焦っている時期なので励まされるとかえって焦ってしまいます。頑張ってと言われても、どう頑張ればいいのか分からない状態ですから、励ましの言葉を受けることで自分を責めてしまうのです。暗い気分を払拭するために、どこかに遊びにいくことを提案する人もいるでしょう。ですが、意欲の低下や興味関心がなくなってしまう症状のせいで、遊びにいっても何も感じることはありません。それだけではなく、遊びにいく気持ちもないですし倦怠感のせいで身体が重く感じるようになるのです。鬱病を早く回復させたいという気持ちがありますが、本人が時間をかけてゆっくりと治療することが大切です。そのため、周りが焦らさないように注意してください。他にもしてはいけないことがあって、発症している人に大切な判断をさせてはいけないことです。結婚している人の場合は、自分のせいで相手に迷惑をかけていると思い込んでしまい離婚することを提案してしまいます。鬱病の症状のせいで思考力が低下しているため、冷静な判断を下すことはできません。ですから、発症した人が大切な決断をしてもその通りに従ってはいけないのです。そのような決断をした場合は、回復してから考えるように促してください。まずは治療することが大切ということを伝えることが肝心です。